CSR サステナビリティ

環境への取り組み

カンボウプラス株式会社 カンボウプラス株式会社

 当社は、地球環境と自然保全に努め、より安全な製品を提供し続けて 『環境のカンボウ』 を目指します。『環境基本方針』当社は産業資材、工業資材、生活資材及びその他の樹脂加工繊維製品の生産を中心とした企業活動において、環境負荷の低減を目指し、以下の方針に則って行動します。

  • 1.当社は、地域社会と協調し、対話を大切にし、環境管理活動を通じて社会に貢献します。
  • 2.当社の事業活動において、省資源、廃棄物の削減、環境負荷物質の管理を行い、汚染の予防を含めた、より良い環境の維持、向上に取り組みます。
  • 3.定期的な内部環境監査の実施により、環境管理活動の実施状況と結果を確認し、環境マネジメントシステムの継続的な改善に努めます。
  • 4.当社の事業活動に関係する環境関連法規制及びその他の要求事項を遵守します。
  • 5.当社の事業活動にかかわる環境側面について、環境目的及び目標を設定します。また、環境目的及び目標は、環境方針と共に、年一回見直しを行います。
  • 6.環境方針は、環境方針書として文書化し、環境マネジメントシステムにより実行、維持します。
  • 7.環境方針は、全従業員に周知認識し、方針に則って行動するように、全従業員に対する教育、訓練を実施します。

改定 2008年4月1日

本環境方針は、社外からの要求、その他必要に応じて公表します。お客様の理解をいただき出来る限りJRコンテナ便の利用を進めてきましたが、2019年度は2018年度をさらに下回りました。近年は出荷形態も変わりつつありチャーターによる大口出荷が少なくなり、JRコンテナの使用機会も減少しました。照明のLED化などCO2排出量削減のための活動を進めていますが、高付加価値製品の生産増により原単位としては減少していません。CO2排出量削減のため、再生可能エネルギーの導入、グリーン電力の購入などの調査、研究を進めます。

ISO26000対照表

ISO26000の7つの中核主題および課題に対して、取り組み内容および関連するSDGsを対比させました

ISO26000の中核主題 課 題 カンボウプラスへの取り組み 関連するSDGs
人権 1.デュ-ティリジェンス
2.人権に関する危機的状況
3.加担の回避
4.苦情解決
5.差別及び社会的弱者
6.市民的及び政治的権利
7.経済的、社会的及び文化的権利
8.労働における基本的原則及び権利
その他の
かかわり
従業員への教育
雇用延長制度
ワークライフバランス
内部通報制度
SDGs
労働慣行 1.雇用及び雇用関係
2.労働条件及び社会的保護
3.社会対話
4.労働における安全衛生
5.職場における人材育成及び訓練
社会との
かかわり
小集団活動 SDGs
その他の
かかわり
従業員への教育
公的資格取得の推進
雇用延長制度
ワークライフバランス
労働安全衛生
環境 1.汚染の予防
2.持続可能な資源の利用
3.気候変動の緩和及び気候変動への対応
4.環境保護、生物多様性及び
  自然生息地の回復
環境との
かかわり
環境方針
地球温暖化防止への取り組み
エネルギー消費量とCO2排出量
廃棄物削減への取り組み
PRTR法への対応
環境負荷低減製品開発への
取り組み グリーン推進活動
SDGs
公正な事業慣行 1.汚職防止
2.責任ある政治的関与
3.公正な競争
4.バリューチェーンにおける
  社会的責任の推進
5.財産権の尊重
その他の
かかわり
従業員への教育
内部通報制度
SDGs
消費者課題 1.公正なマーケティング、事実に即した
  偏りのない情報及び公正な契約慣行
2.消費者の安全衛生の保護
3.持続可能な消費
4.消費者に対するサービス、支援、
  並びに苦情及び紛争の解決
5.消費者データ保護及びプライバシー
6.必要不可欠なサービスへのアクセス
7.教育及び意識向上
環境との
かかわり
PRTR法への対応
環境負荷低減製品開発への
取り組み
SDGs
コミュニティへの参画
及びコミュニティの発展
1.コミュニティへの参画
2.教育及び文化
3.雇用創出及び技能開発
4.技術の開発及び技術へのアクセス
5.富及び所得の創出
6.健康
7.社会投資
環境との
かかわり
グリーン推進活動 SDGs
その他の
かかわり
インターンシップ

CSR報告書